MENU

マンション投資@利用する不動産屋について

 

以前のわたしもそうでしたが、できるだけ住んでいる地域にある不動産屋を利用しようと考えていました。ふだん生活していると気がつきませんでしたが、意外と小さい不動産屋は多いようですね。

 

もちろんその中で、事務所がボロボロ・・・なんていうところは避けていましたが・・・w

 

そして何件か周って話をするうちに、少しづつ、不動産に関する知識が付いてきたような気がします。その結果、個人的には小さな不動産屋よりも大手のほうがいいということが分かりました。もちろん小さな会社が悪いというわけではありません。とても親身になってくれますし・・・

 

ただし愛想がいくらよくても、お得に取引できたほうがいいですよね?

 

そこで大手のメリットを見ていきますと、大手なので信頼できますし、それだけ情報をもっています。

 

情報だけならネットを使えばある程度はカバーできますが、ある程度距離が縮まると、きちんとデメリットも伝えてくれます。もちろん最初から、デメリットも教えてくれるところもあります。

 

しかし大手を選ぶ一番の理由ですが、ローンが組みやすくなるという点が挙げられます。
マンションを一棟購入する場合はたいてい数千万円という大きな金額になってきますので、ローンを組むのが一般的です。節税的にも一括で購入する人は少ないのではないでしょうか?

 

そして大手の不動産業者は系列内に大手都市銀行などがあるケースが多く、個人で行っても相手をしてくれなそうですが、ローンを組む際に不動産業者の支店長クラスが話をつけてくれることもあるのです。

 

マンション投資@投資用マンションでもローンを組みましょう!

 

一般的な不動産投資の手法ですが、手持ちの資金が少なくても物件を購入できるようにローンを組みます。投資用マンションでもローンを組むことで効率的に資金をまわすことができます。つまりレバレッジを効かすことができます。

 

ただし家賃収入でもそうですが、ローンの金額を大きくし過ぎてしまい・利益がマイナスとまではいかなくても、プラスマイナスが0になってしまうこともあります。しかも維持費や修繕費も発生することもありますから、このような物件を購入しないように注意しましょう。

 

ちなみに、投資用マンションであれば、自分が住むわけではありませんので、投資の対象は全国になってきます。つまり収益性が高ければどこのマンションを購入してもいいのです。

 

そうは言っても、初めての物件が新幹線で2・3時間かかるというのもどうかと思います。

 

なぜなら交通費もかかりますし、すぐに見に行けない点がネックになってきます。もちろん何件か所持しており、不動産投資に慣れている方であれば問題はないでしょう。

 

ということで、初めの物件はできるだけ家から近い物件を選ぶのをおすすめします。

 

しかも初めのうちは不動産に関する知識は乏しいと思いますが、自宅から近い場所であれば、不動産情報が書かれてあるチラシがポストに入っていたり、歩いてるだけで販売中の不動産を見かけることもあるでしょう。

 

特にチラシなんかでは、中古物件情報や売値なども記載されてますので、マンション売却相場が自然のうちに身に付きます。最近不動産投資をためらっている人の中には、地震等が起こることが怖いという人もいます。

 

そこで、自宅から近い物件を購入しておけば、イレギュラーの出来事があってもすぐに確認に向かえます。ちなみに以前住んでいた賃貸マンションのオーナーさんも週に2回は掃除をしに来たり・様子を見に来ていました。
自分の収益になるマンションですので、見に行くのも楽しいかもしれませんね。なによりその物件が初めて購入したものであればなおさらです。

 

ここまではマンションを購入することで、家賃収入を得ることがメインでした。一方で転売という選択肢もあります。その名の通り安く買って高く売るという手法になります。そこでマンションを売る際に役に立つサイトを紹介しておきます。

 

相場より安かったり・相場と同等の売値であればマンションを売却することはさほど難しいことではありません。しかし取引金額は大きなものですので、できるだけ利益を増やして儲けたいですよね?そのためには実力のある不動産屋を見つけなくてはいけません。